Doorkeeper

InDesignで「こんなとき、どうしてます?」会議

2022-04-23(土)21:00 - 23:00 JST
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

当日の視聴のみ 無料
当日の視聴のみ(応援チケットA) 500円 前払い
当日の視聴のみ(応援チケットB) 1,000円 前払い
アーカイブ視聴 1,800円 前払い
出演者、スタッフ 無料

詳細

noteにてアーカイブ(スライド・動画)を販売しています。
「アーカイブを見たい方」「申し込みそびれてしまった方」はご利用ください。

https://note.com/dtp_tranist/n/nd2224bcd4157

「こんなとき、どうしてます?」といったお困りごとから、「こんなテクニックを思い付いた」「こんなスクリプトを見つけた」など、InDesignに関しての使い倒しに関してのやりとりをライブ配信します。

テーマを決めて体系立てて語るセミナーとは異なり、いわば「テクニカルな井戸端会議」として生々しいやりとりを各自のデモを交えてお送りします。

InDesignで「こんなとき、どうしてます?」会議

3名のミニコーナー(各15-30分程度)を中心に、事前にいただいたトピックなどを取り上げながら進行します。

デフォルトの機能の応用技
/森 裕司(InDesignの勉強部屋)

「もともとInDesignに用意されたコマンドをこんな風に使うと、ちょっと便利なことができるよ」といったいくつかの小技をご紹介します。

  • 右インデントタブ:[右インデントタブ]を使うことで任意の文字列以降を行末に飛ばせます。さらに、このコマンドを活用して伸び縮みするコーナー飾りを作成できます。
  • 選択範囲内にペースト:[選択範囲内にペースト]コマンドを使ってオブジェクトを別のオブジェクト内に入れ子にできます。このコマンドを活用することで、テキストのストロークをくぐるような効果が得られます。また、角丸の表を作成したい場合にも活用できます。
  • 検索と置換:InDesignの[検索と置換]ダイアログでテキストをオブジェクト(図形等)に置換することでワンランクアップした表現を行うのに役立ちます。
  • キャプションの作成:[キャプションの作成]機能にキーボードショートカットを割り当てておくことで、素早くキャプション設定を終えられます。

15分で理解する目次の作りかた
/あかつき(DTPの勉強会・東京)

InDesignに搭載されている目次機能を使うことで、小説や論文、解説書などの目次を自動で作成することができます。見出しの文言が変更されたり、本文に増減が発生した場合も、目次の更新を行うことで目次の文言やページ番号が更新されます。

今回はこの「目次機能」をつかった目次の作成方法を短時間で紹介します。使いこなせば便利な目次機能を活用できるようになりましょう。

  • 目次作成の流れ
  • ブック機能を使った複数ドキュメントからの目次作成
  • 段落スタイルが適用されていない場合でも目次は作れる?
  • 「使い捨て」目次のススメ
  • Tips(罫線の設定・PDFに目次を書き出す)

Google ドキュメントやMS Wordからのロングドキュメント制作
/鷹野 雅弘(スイッチ)

Google ドキュメントやMS Wordにてしかるべき構造化(「見出し」設定など)を行うことで、InDesignでのロングドキュメント制作をスムーズに行うのに役立ちます。

ロングドキュメントの基本やワークフローについて解説します。

  • そもそも「ロングドキュメント」とは?
  • Google ドキュメントやMS WordからInDesignに読み込むフロー
  • 事前にやっておくとよいこと
  • 読み込み後のフロー、注意点、役立つスクリプト

出演

日々、InDesignを用いて制作しているだけでなく、講師経験も豊富な3名が出演します。

  • 森 裕司(InDesignの勉強部屋)
  • あかつき(DTPの勉強会・東京)
  • 鷹野 雅弘(スイッチ)

森 裕司(もり・ゆうじ)

有限会社ザッツ 代表

名古屋で活動するデザイナー。Webサイト『InDesignの勉強部屋』や、名古屋で活動するDTP関連の方を対象にスキルアップや交流を目的とした勉強会・懇親会を行う『DTPの勉強部屋』を主催。また、Facebook内の『InDesignの勉強部屋』では『DTP QUEST』というオンライン配信番組をスタートさせ、Adobe公認のエバンジェリスト『Adobe Community Evangelist』にも認定されている。

『初心者からちゃんとしたプロになる InDesign基礎入門』(MdN)や『InDesignパーフェクトブック』(マイナビ出版)、『超時短InDesign』(技術評論社)など、テクニカルライターとしても40冊以上の著書を持つ。
2016年11月末より、個人で執筆した『InDesignパーフェクトブック(PDF版電子書籍)』のダウンロード販売もスタート。

あかつき

写真:あかつき

エディトリアルデザイン・DTPがメインのデザイナー。JAGAT DTPエキスパート問題作成委員。1級製版技能士。

大学や職業訓練校、業界団体などでDTP・製版関連のセミナーや講義を担当するほか、書籍・雑誌の執筆も行なっている。

近著は『+DESIGNING』(マイナビ出版) VOLUME.46「巻頭特集・徹底図解で"理由"と"しくみ"がよくわかる! デザイン制作のルール」(共著)など。

2010年から東京で開催している「DTPの勉強会」の共同主催者。

鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)

株式会社スイッチ

グラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、ウェブ制作の分野で、デザイン、オペレーション、設計・ディレクションなど、20年以上、第一線で手を動かし続けている。

そのノウハウをテクニカルライティングや講演に落とし込み「制作→執筆→講演」のサイクルを回す。

2015年から大阪芸術大学 客員教授。 2017年からAdobe Community EvangelistAdobe MAX US 2018に出演。

2005年にDTP制作者向けの情報サイトとしてスタートしたDTP TransitTwitternoteYouTube、オンラインセミナーなどに活動の場を広げている。

イベント概要

YouTube Liveにてライブ配信します。

  • 開催日:2022年4月23日[土] 21:00 - 23:00
  • 形式:オンライン(YouTube Live)
  • 主催:DTP Transit
  • 共催:CSS Nite
  • 参加費:
    • 当日の視聴のみ:無料
    • 後日の視聴を含む:1,800円
    • 後日の視聴のみ:1,800円

お申し込みとアーカイブ公開について

  • 申し込まなくても参加は可能です。
  • 事前登録されると、カウントダウンメール(リマインダーメール)やフォローアップメールをお送りします。カウントダウンメールに掲載されているフォローアップページで、事前にスライドやリンク集などを確認できます。
  • 当日参加できない方、後日ゆっくり見返したい方は「アーカイブ」のチケットを選択ください。
  • アーカイブは非公開です(アーカイブのチケットを申し込まれた方を除く)。

キャンセルとチケットの変更

  • 「当日の視聴のみ」のチケットは、いつでもキャンセル可能です。「応援チケット」や「後日の視聴を含む」に変更したい場合には、ご自身でキャンセルの上、改めてお申し込みください(終演時刻まで)。
  • 「後日の視聴を含む」「後日の視聴のみ」のチケットのキャンセルは、開演の72時間前まで受け付けます。Doorkeeperの「お問い合わせ」からお知らせください。
  • 「応援チケット」の売上は全額、講演者にお渡しします。

当日の進行などに関して

  • 開演の15分前くらい前(20:45くらい)からテスト配信をスタートしますので、音声などが聞こえるかチェックされてください。YouTubeでのコメントのテストもどうぞ!
  • YouTube上でコメントするために、アカウントを作成しておかれることをオススメします。
  • トラブル等により配信URLを変更する可能性があります。「配信がはじまらないな…」と思ったら、YouTubeのコメント欄を参照ください。Twitterにてもお知らせします。
  • 終演時間は若干の延長の可能性があります。
  • 途中に5-10分程度の休憩をはさみます。

ツイートなどの発信やスクショに関して

  • 配信URL、および、その他の案内事項は、カウントダウンメールにてお知らせするNotionのフォローアップページに記載しています(終了後、スライドやリンク集、セミナー内容の補足などを掲載します)。
  • ツイートされる方は「#InDesign会議」のハッシュタグを付けてください!
  • スクショ(スクリーンショット)は自由にどうぞ!(事例の部分などでNGマークがついている箇所はご遠慮ください)
  • スクショされるとき、講演者の顔が入ってもOKです。
  • ツイートされたり、ブログに掲載されてもOKです。
  • サンプルファイルや配布資料をそのまま再配布するのは、ご遠慮ください。

アーカイブのチケットを申し込まれた方

開催翌日の午前中に、メールをお送りします。

  • タイトル:《DTP Transit》フォローアップメール(アーカイブ視聴の方向け): 〈InDesignで「こういうとき、どうしてます?」を共有・解決するオンライン会議〉
  • メールアドレスseminar@dtp-transit.jp

Twitter/note/YouTube/LINE

セミナー前後に関連情報をお出しすることがありますので、Twitter/note/YouTube/LINEをフォローしてくださいますと幸いです。

ご参考までに、DTP Transitは2005年にブログとしてスタートしました。

コミュニティについて

DTP Transit

DTP Transit

2005年にブログをスタート。現在はTwitter、note、YouTubeに力を入れ、効率的なデザイン制作を行うための情報を発信しています。 学びがあるのはもちろん、参加して楽しいセミナーになるように企画・運営しています。 有料版のアーカイブはnoteにご用意しています。 https://note.com/dtp_tranist/m/m9e6d5142ce73

メンバーになる